読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MIKINOTE

作品制作とその他思った事を書くブログ

【負荷調整式】握力を鍛えてリンゴをぐにゅっ!と握りつぶせる男になりたい【ハンドグリップ】

健康

f:id:takayukimiki:20151121195514j:plain

僕、「握力」が弱いということがコンプレックスだったりします。

なので、握力を鍛えるための筋トレグッズで良い物がないかな〜?と思って長い間、ずーっと探しまわっていたのですが、最近になっていい感じの物を見つけちゃいました。それが、東急ハンズ新宿店に立ち寄った時にたまたま見つけた『La・VIE(ラ・ヴィ) 負荷調整式ハンドグリップ ハード』という製品なのです。

これ、何が良いかって、「負荷」を調整することができるという点です。最初は軽い負荷で鍛え始めて、ある程度いい感じに握力が付いてきたら、負荷を強くしていくのです。つまり、これだけ買っておけば事足りてしまうというわけなのですね。グリップ部分の形状も握りやすい印象なのが非常にGOODでございますよ。

非常に気に入って使っています。買って良かったです。

負荷を調整できるハンドグリップ(握力鍛えるマシーン)を買ったよ!

握力が弱いのが悩み

僕、男性としてはかなり握力は弱めみたいです。これを買った新宿のハンズの筋トレグッズコーナーに「握力測定機」が置いてあって、それを使って握力を計測させてもらったら「34㎏」くらいしかありませんでした。

参考:握力の平均とは?男性・女性・年齢・小学生・成人別、筋トレの参考に! | 筋トレぴろっきー

ちなみに、男性の握力の平均を調べてみたら、30〜34歳男性の平均握力は『48.00㎏』なのだそうです。アチャ〜

f:id:takayukimiki:20151121204222j:plain

ヤムチャ並に、情けない戦闘力しか持ち合わせていない僕には、ダイソーで買ってきた「ふわっと軽い粘土」を握りつぶすくらいの握力しかありません。

f:id:takayukimiki:20151121204413g:plain

レンガとかもこのくらいグニャ〜と潰せたらいいのに・・・・これだけらくらく何でもいけたら、それはそれは気持ち良いでしょうね。

これでは、だとえ蚊に血を吸われていたとしても、それすらもかわいそうで握りつぶすことが出来ません。


また、そんな状態だからこそ、キーボードで文字を打つときにエンターキーをガチャコン!ガチャコン!と強めに押してしまうのかもしれません。

ほら、よく言うじゃないですか。弱い自分を隠すために、不自然に自分を強そうに見せようとしちゃうと言うあれですよ。

以前、妻に「キーボードがうるさい!」と叱られたこともありました。これは、言ってしまえば、僕の握力の弱さのせいなのです。

握力が弱いせいで、あらゆる自信を喪失している状態なのです。間違いありません。

f:id:takayukimiki:20151121204819g:plain

ガガガガガガッ!!

握力のない今の僕には、エンターキーをそこそこの速度でうるさく連打することしか出来ません。まさにカチャカチャターンです。

当然、これでは北斗百烈拳を使うことは出来ません。バイクに乗ってヒャッハーしているモヒカン野郎達に引き回された挙句に、荒野に打ち捨てられる運命なのです。こんなことでは、世紀末を生き抜くことは到底無理です。

負荷調整式

f:id:takayukimiki:20151121195522j:plain

握力を鍛えるための筋トレグッズの事を『ハンドグリップ』というそうなのですけど、「握力を鍛えなきゃ!」と使命感に駆られながらも、今までそれを買うことはありませんでした。なかなか、ピンと来る製品を今まで見つけることが出来なかったからです。

そんな、僕にとって「負荷調整式」と言うのはかなり魅力的です。

鍛えて、力が強くなって、負荷が足りなくなっても、一つのマシンで徐々に強度を高めていけるというのは、素晴らしいことだと感じました。

f:id:takayukimiki:20151121202620j:plain

この赤いダイヤルを回すと、負荷を調整することが出来ます。非常に簡単ですね。

f:id:takayukimiki:20151121203410g:plain

それに、負荷を調整できるからと言って、スムーズさがないとかそういうことはなくて、かなりいい感じに「グッグッ」と握ることができる印象です。

こういう製品によくありがちな「ギュッチ、ギュッチ」という不自然で耳につく不快音もありません。今のところ非常に調子よく使えております。

ハードとソフト

f:id:takayukimiki:20151121203443g:plain

ちなみに最大にまで負荷を強くすると、相当にきついです。僕程度の握力なんぞでは、生まれたての子鹿のようにぷるぷるしてしまいます。

それもそのはず、僕の買った「ハード」タイプのハンドグリップは『30〜40㎏』の負荷に調整することが可能だからです。僕の握力では最大負荷だと、まだ無理なのですよね・・・。

La・VIE(ラ・ヴィ) 負荷調整式ハンドグリップ グッピー ソフト 3B-4152

「そんなの、とてもじゃないけど無理だよっ!」という方には黄緑色のカラーリングが特徴の「ソフト」タイプのハンドグリップがオススメです。これもハンズで売っていましたよ。

こちらは『15〜30㎏』の間で負荷を調整することができるそうです。力の弱い女性には調度良いハンドグリップですね。

握力を鍛えたら・・・

f:id:takayukimiki:20151121205620j:plain

握力を鍛えてまくって、腕が筋肉で満たされて、今の3倍くらいの太さになったあかつきには、外人のプロレスラーがよくやっているように、リンゴなども簡単に握りつぶすことができるようになるはずです。

f:id:takayukimiki:20151121212750g:plain

とりあえず、今のうちはリンゴは無理なので、粘土で気分だけでも・・・。「ぐにゅっぐにゅっ」としてて気持ちいいです。

なんだか癖になりそうです。


また、握力がさらにハイパーすごいことになって、ウルトラファイティング余裕が出てきたら、さらにもっとスーパーなことができるはずです。

例えば、今までうるさいだけだったタイピングも、もっとスムーズにやれるはずです。

スムーズにやれるどころか、入力の速度も今までとは比べ物にならないものに進化することでしょう。

f:id:takayukimiki:20151121212150g:plain

これならば、タイピング世界一・・・いや、宇宙一になって、こんなブログも1.2秒くらいで書き終えることができますね。

握力を鍛えれば、時間も節約できるし、女の子にもモテモテで、ゆくゆくは空も飛べます。良いことばかりですね!

これからも、握力の筋トレ頑張ります!!

まとめ

さて、まだまだ握力弱者の僕ではありますが、この『La・VIE(ラ・ヴィ) 負荷調整式ハンドグリップ ハード』を購入してからは、毎日ではありませんが、まめに握力を鍛えるようになりました。

机の横に置いておくと、気が向いた時にグイグッグッと使用することができるので、いい感じです。握力を鍛えるだけだったら、着替えなくて良いし、手を握る運動だけでOKなので、気楽です。これならば全裸にならなくて済むので、風邪も引きにくいですね。

握力を調整できるという仕様も気に入っているのですが、それ以上にこのハンドグリップは「グリップの形状が」良いですね。いい感じにカーブしているので、手のひらと指の形にフィットしている感覚です。なので、使用中に違和感がないのも個人的には嬉しい部分です。

そんなわけなので、このハンドグリップの最大負荷が軽々とこなせるくらいに鍛えて、リンゴをらくらく潰せるくらいの握力を目指して頑張っていきたいです。

そして、最終的には地球に落ちてくる巨大隕石を片手でキャッチして、そのままバコグシャーン!と握り潰して地球を救いたいと思います。

ちなみにこのブログ、はてなブログで書いているのですが、『今週のお題「今年買って良かったモノ」』とのだったので、今回はこの買ってよかったこの「ハンドグリップ」について書いてみることにしました。

(この記事は一部フィクションです。)

La・VIE(ラ・ヴィ) 負荷調整式ハンドグリップ グッピー ハード 3B-4153

La・VIE(ラ・ヴィ) 負荷調整式ハンドグリップ グッピー ハード 3B-4153

Copyright© MIKINOTE All Rights Reserved.