読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MIKINOTE

作品制作とその他思った事を書くブログ

狙うと燃えカスになるダメな炎上と良い炎上とは

ブログ

f:id:takayukimiki:20160508184154j:plain

ブログをやっている人だったら、一度や二度位は「炎上」を経験する人も多いはずです。

炎上というのは、ブログやその他SNSなどの記事が拡散して、ネガティブなアクションが大量に集まる現象のことを言います。炎上すると、ネガティブなコメントとかがどっさりと来ちゃうのよね。

僕も、何度か炎上っぽい感じになっちゃったことはありますよ。世の中の、有名炎上ブロガーさんに比べると全然たいしたことないんだけどね。

炎上すると、ブログに沢山のアクセスが集まります。だから、それを一度経験してしまうと、あえて記事を燃やそうと、燃料をわざと投下するような人もいます。

けれども、それはあまり良いことではありません。

どうしても書きたくなったことがあって、炎上覚悟の上で、仕方なくそれを書くというのならば良いと思います。半分くらいの人が「ああ、わかるよ!」と思ってもらえる内容ならば、問題無いです。

けれども、読んだ人全員が「なんなの?」って思うような内容の記事を「わざと」投稿してしまうというのは、ダメですよ。

結果がわかっている記事なんて価値がないです。全然アートじゃないです。

そういうことばっかりしていると、最後には燃え尽きちゃうだけですよ。

炎上について

最近、僕が読者登録している中で、「わざと批判が集まるであろうブログ記事」を連続して書いている方がいます。その人の最近の一連の記事をいくつか読んで、こういうことを書こうと思いました。

なんかね、内容があまりにも狙いすぎていて、読んでるとこっちまで痛いんですよね。「炎上キャラ」ということでやっているんだろうけど、その方のブログを読んでると疲れちゃうので、そっと読者登録を解除しときました。

結局のところ、ブログなんてのは誰かのエンターテイメントのために存在している部分が大きいんですよ。

読者は、その人のブログが楽しいから読むんです。継続して多くの人に読んでほしいのだったらば、わざとらしい炎上狙いの記事を量産するとかそういうのはやめるべきなんですよねぇ。

僕の炎上歴

一応、僕の炎上歴を紹介します。と言ってもそんなにないんだけどね。

www.mikinote.com

↑初めて炎上したのはこれ。

「日本の家電がダサい」ということに絶望して、持論を展開した記事。

これは、批判的な意見も多かったけど、同意してくれる意見もあったりしたんですよね。懐かしい。

当時は、このブログが始まって間もない時期だったので、読者数少なかったです。でも、この記事を書いたおかげで数十人単位で読者登録してくれる人もいました。いろんな人に怒られた気もするけど、書いてよかったです。


www.mikinote.com

↑この記事は炎上というほどではないけど、わりと賛否両論が多かった記事。

ちょっとびっくりしたのが、突然知らない人からTwitterのリプライが来たことですね。「あんたの記事を読んで、もっと大変なことになる人がいたらどうやって責任取るんだ!」みたいなやつね。

後で、懇切丁寧に返信したら(たぶん)わかってもらえました。


こうして見てみるとあんまり炎上してないですね。このブログ。

ひょっとしたら僕の知らないところで炎上しているかもしれないけど・・・

アクセス増加

炎上すると、アクセス数が一時的に爆発的に増えるんですよ。

それこそ、一日で10000〜50000ページビューとか、さらにそれ以上とか、そのくらい普通にいっちゃうんですよ。それが、激しい炎上であればあるほど、ものすごいたくさんの人に記事を見てもらうことが出来ます。

ブログをやっていると、どのくらいの人が自分のブログを見ているかということを気にしない人はいないと思います。だからこそ、一日で万単位のアクセス数が来ちゃうと、嬉しくなっちゃうんですよね。変な興奮状態になっちゃって、正常な判断ができなくなっちゃうの。

普通だと、そこで怖くなってしばらくはおとなしくするんだけど、困ったことに、それが癖になってしまう人もいるんですよ。

そうして、炎上するような記事をわざと繰り返し書いていく「炎上ブロガー」と呼ばれる人が生まれてしまうのというわけです。

大量に批判コメントとか書き込まれているのにも関わらず、それが癖になっちゃうってのも、異常なことだとはおもうんですけどね。

燃えカス

でもね、炎上を扇動するような記事ってさ、最初はおもしろいんだけど、飽きるのも早いんですよ。

例えて言うならば、化学調味料てんこ盛りなだけのラーメンみたいな感じ。

そういう料理って、安価だし、最初は刺激が強くて多くの人が口に入れるんだけど、毎日食べたいとは思わないんですよね。連続してそういうのを目にしちゃうと、胃が疲れるように、脳みそもじんじんしてくる感じです。

やはり、人は、ナチュラルな気持ちがこもった、落ち着く味の料理を毎日食べたいもんなのですよ。

炎上記事ばかり書いている人は、(世間的な意味で)燃え尽きてしまうのも早いです。燃えカスだけになっちゃうんですよ。

そういうことばかりやっていると、読者も減っていくでしょう。読者数やRSS登録の数は目に見えて減らないかもしれないけど、実際に読んでくれる人は確実に徐々に減っていきます。ブックマークしてくれる人もいなくなります。

燃やすためには燃料をさらに投下しなくちゃならないんだけど、その燃料も不発に終わっちゃう感じです。

賛否両論を目指そう

結論としては、炎上を狙いすぎるのはダメということなんですよ。そういうのがあざとすぎると、その人の記事を読んでても冷めちゃいますからね。

でも、炎上する事自体は悪いことだとは、僕は思いません。

世の中の人気ブロガーさん達の中にも、炎上がきっかけで有名になった人もかなり多いです。炎上も、上手いことやれば、その人の武器にもなるんですよね。

で、具体的にどういう炎上だったら良いのかと言うと、それは「賛否両論」があるであろう内容の記事を書くことです。

炎上しそうな記事を書いて、半分の人に怒られたとしても、もう半分の人に理解してもらえればそれで良いのです。それだったら、大丈夫。

やっぱり、ブログってのは世の中の解決しがたいデリケートな問題に触れるのも大事なことだと思うんですよ。そんで、そのことに対して、自分の真剣な意見をぶつけるというのであれば、全然良いと思います。

それが、炎上したとしても、ちゃんと信念を持って、真剣に問題提起をした記事だったら、必ず賛同者も現れるはずですからね。

賛同してくれる人が薪をくべてくれますから、それだったら燃えカスにならないで済みますよ。それどころか、何人かの人には気に入ってもらって、継続的にブログを読んでもらえるようになるかもしれません。

ものによるけど、炎上はチャンスでもあるということですね。

100%の批判

でも、何度も書くけど、読んだ人の100%の人が批判的な意見を述べるであろう内容の記事はダメですね。短絡的すぎるんですよ。

さっきも書いたけど、刺激が強いけど深みのない化学調味料みたいなもんです。すぐに飽きちゃう。

結果がわかりきっている内容の記事はつまんないよ。特に、それが炎上目的の記事だったらなおさらです。

それを天然でやっちゃう人もたまにいるんだけどね。まあそれは別として、狙って炎上させるのは芸がないですね。

よっぽどの天才でかつ、精神的なタフさがないと、炎上ブロガーとしてやっていくのは難しいんじゃないかなあ。

まとめ

高知の某有名ブロガーさんも、炎上狙いの記事をよく書いているけど、なんだかんだでおもしろいんですよね。だから、今でも生き残れているし、ファンも多いのだと思います。

あの人は本当にすごい人だと思うよ。それだけのキャパシティーと能力を持っているからこそできる芸当だと思います。

けれども、誰もがダメだとわかるような炎上ネタを、毎日のように投稿するのは愚の骨頂と言わざるを得ません。バカッターみたいなのを、わざとらしく演じるような芸風は、見てて痛々しいです。その人がそういう記事を書いちゃう背景的な事情も含めてね。

せっかく燃やすのならば、おもしろく燃やしたいですよね。

おもしろく燃やせないと、燃えカスになるのも早いです。そうなったら、ブログやっててもつまんないでしょ?

願わくば、ブログは長く小さく燃やし続けることができるろうそくみたいな感じがいいよね。ずっと見つめていても飽きないブログが理想だと思います。

だから、長くやっていきたいのなら、下手な炎上は狙っちゃダメだよ。

Copyright© MIKINOTE All Rights Reserved.