読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MIKINOTE

作品制作とその他思った事を書くブログ

花粉症は気にしなければどうということはない(と、信じている)

健康

f:id:takayukimiki:20160229213607j:plain

明日から3月ですね。

ぼちぼち、花粉症の方々にとってはきつい季節がやってきつつあります。

かくいう僕も小学生の頃からずーっと花粉症です。ゆえに、本来であれば希望に満ち溢れているはずの春という季節は、僕にとっては非常に憂鬱な季節であったりするというわけです。

でもね、最近はあまり気にしてないのですよ。花粉症。

気にしていても、どうせ治るもんじゃないし、ある時から花粉症の症状そのものを、気にしないことにしたのです。「花粉、全然大したことないぞ!」と信じることで、意外とどうということはなくなるのです。

ここ最近、鼻水がジュルジュルで、体もだるくてボーっとするような気がするけど、これは花粉症ではない(と信じています。)

花粉が飛んでる気がするけど気のせいだと思うことにしている

明日から3月かあ・・・と、なんとなく時の流れの早さにびっくりしてしまうのですけども、なんとなく鼻の辺りとかがかゆい気がします。

いやいや、気のせい気のせい。

最近乾燥しているしね。鼻の頭とか顔のパーツの中でも出っ張ってるじゃないですか。だから、乾燥しちゃうのですよね。風呂あがりに化粧水とか使ったほうが良いのかしら。

決してティッシュの使いすぎで鼻の頭が擦り切れてるとかそういうことはございませんよ。

最近薬とか使ってない

僕、この10年程は、花粉症の薬を一切使っていません。

子どもの頃とかと比べて症状が軽くなったと言うのもあるのですが、花粉症であるということを気にし過ぎると悪循環になっちゃうような気がしているからなのですよねぇ。

だから、毎年春になると、鼻とか目に(激しく)違和感を感じるような気がするような気もしなくはないだけど、気のせいだと思っているのです。(思うことにしている。)

だってさ、目がかゆいからって、こすったりしちゃうと、後で余計に痒くなっちゃうでしょ?

薬に関しても、薬を使ってるとそれに頼り切りって感じになっちゃうので、個人的にあまり好きじゃなかったのです。だから、やめました。

「病は気から」という言葉もあるけれども、花粉症なんてそうそう治るもんじゃないし、うまいこと付き合っていくしかないと思っています。

長年、花粉症で悩まされてきた僕ですからね・・・自己暗示でどうにかなっちゃうというわけなのです。

食事をするとジュルジュル

そういえばね、昨日のお昼を食べた時に、鼻水が止まらなくなってしまったのですよね。

もうね、口に箸を運ぶ度に、鼻水垂れてくるのですよね。

ペヤング 激辛カレーやきそば 117g×18個

まあ、ペヤングの「激辛カレー焼きそば」だったんですけどね。昨日のお昼ごはん。

「所詮カレー味の焼きそばでしょ?大したことないよね。」なんて高をくくってたら、とんでもなかったです。すっごく辛いのね。味はおいしかったのだけどね。好みだったので、また食べたいです。

けれども食べている最中は、舌はビリビリするし、辛すぎてカレーの味とか香りとかそういうの感じる余裕ないし、大変な思いをして完食しましたよ。

ティッシュの使用量もすごかった!

・・・それからだと思うのだけど、食事している時以外も、なぜか常に鼻水がジュルジュルしているのですよね。

これは、ペヤングが辛すぎて、その後遺症が残っているのだと思っています。だから、決して、すでに花粉が来ているとかと言うのではない(と信じている)のです。

昨日から、体もだるくてボーっとするし、目とかもちょっとだけかゆい気がするけど、それは全部、激辛カレーペヤングの世間に媚びない辛味のせいです。

まとめ

最近、耳鼻科に行ってないのでよくわからないのですが、花粉症も、最近はいい感じの治療ができるところもあるそうです。完治することもできるのかなあ?

僕の場合はそこまで重症じゃないので、気合いで乗り切ることが可能ですが、重症の人は良い病院を探して、診察してもらいに行った方が良いでしょうね。

かくいう僕も、20代の前半くらいまでは、花粉症の薬を使用していました。目薬とかすっごく効くのですよね〜。怖いくらいにすっきりと目の痒みや、鼻のつまりとかが消えちゃうのです。

でも、「春になると毎年薬漬けになっちゃうのもなんだかいやだなあ・・・」と思った時期があって、実際に薬をやめたら、意外といける感じだったのですよね。それからは「花粉症は気にしない」という自己暗示的な方法だけでなんとかしてきました。

精神的に弱っていたりすると、そこから体の具合がいろいろと悪くなっちゃうこともあるけれども、花粉症の場合も、心の持ちようでなんとかなるもんですよ。僕の場合はね。

まあ、ぶっちゃけると、花粉がピークの時期になると、限界が来ることもあるのですけどね。「気にせい」というだけでは済まないくらいに鼻が詰まったり、目が痒くなってきちゃうのです。

明らかに気のせいじゃないくらいに鼻がジュルジュルだと、信じる心が失われてしまうのです。

で、そこまでいってしまうと、おもいっきり目や鼻をこすったりしてしまってひどいことになる・・・というのはここだけの秘密です。

Copyright© MIKINOTE All Rights Reserved.