読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MIKINOTE

作品制作とその他思った事を書くブログ

LINEの「既読無視」は「既読無理」である

インターネット インターネット-SNS

f:id:takayukimiki:20151124144645j:plain

LINEの「既読無視」は「既読無理」である

まあ、ちょっと語呂が良さそうな言葉が思いついてしまったわけなのですけど、これは普段から頻繁に思っていることだったりするのですよ。

なんでか?と言うと、「既読スルー」をしてしまうことが怖いからなのです。LINEで「既読」がついてしまうと、自分がそのメッセージを読んだということが、相手に伝わってしまいます。だから、必ず返信をしないと相手に失礼を働いてしまうということになってしまうのです。

これが、僕は本当に恐ろしい。

だから、LINEの返信が出来ない忙しい時なんかに、うっかりアプリを開いてしまった日には、いろんな部分が無理なことになってしまうのです。

返すのも無理。相手との関係性ももう無理。精神的にも無理。

だから、LINEという現代における、最も手軽で便利な通信手段は、「既読」という大変に便利な機能が備わっているがゆえに、ちょっと苦手だったりします。

LINEの既読スルーが気にならないようなメンタルがほしい

まあ僕、LINEを使う相手というのは、ほとんどが妻とばかりで、他はごく少数の友人だけなのです。したがって、そんなにしょっちゅうLINEで知ってる人や知らない人とスタンプを送りあったりしているわけではありません。しかし、やはり「既読スルー」をしてしまわないか?ということに関しては細心の注意をしています。

LINEと言うのは、なんだかんだ言っても、やはり便利な存在です。もはや、知り合いとの連絡を取る上では、欠かせない存在と言っても過言ではありません。

だからこそ、読んだことが相手にバレてしまうという機能と、「既読スルー」という言葉が「KS」とか言う、アルファベット2文字に略されるくらいに普及してしまったということに関しては、とてもじゃないけど良いことだとは思えないのです。

逆に既読じゃなければ見なくてもOK!?

既読スルーしてしまうというのは相手にとってすごく失礼な気がしてしまいます。だから、大根おろしがたっぷりとかかった冷奴くらいのメンタルしか持ち合わせていない僕にとっては「既読無理」となってしまうのです。

その一方で、逆に「既読にさえならなければOK」という考え方も生まれてきてしまいました。iPhoneがピロリン♪という音を出して、LINEの着信をお知らせしても、その画面から一切何もいじらないで放置してしまうというわけです。

つまり「既読」と相手に表示されさえしなければ、後で返信してもばれないんじゃないか?と言う考え方です。そうすれば「既読スルー」してしまうことは避けることができるのです。それだったら僕にも無理じゃありません。

けれども、それは本来であれば「既読スルー」よりも失礼なことかもしれません。

以前、(故意にではないけど)妻からのLINEの着信に気づかなくて数時間放置してしまったことがありました。後で気付いて謝ったら許してくれたのですが、その日の晩ごはんの時の会話量はいつもよりも明らかに少なかったです。

ま、いろいろ考えていくと「未読スルー」も無理ですよね。

LINEというアプリは、本来人との関係性を保つものです。しかし、使い方を間違えてしまうと、関係性を破壊してしまうことにもなりかねない危険な存在なのです。

LINEはすぐに返信しなくちゃならない気がする

それと、LINEが苦手な理由というのはもう一つあって、それは、相手から連絡が来たことに気付いてしまったら「すぐに返さなくちゃならない気がする」という点です。気づかなければそのまま放置してしまうこともありますが、基本的にiPhoneは肌身離さず持ち歩いているので、大抵の場合は気付きます。

忙しかったりする時と言うのは、昔だったらメールの返信なんかは、後で余裕のあるときに返信をすればよかったのですよ。ところが、LINEと言うのは不思議と「早く返さなくちゃ!」という気分になってしまうのです。

ほら、たぶんあれのせいですよ。iPhoneがピロリン♪と鳴った時に「相手のメッセージが一行だけ表示される」という、「チラ見せ機能」のせいです。

相手のメッセージの一端が表示されてしまうと、その続きがどうしても気になってしまうのです。僕。

例えば、ネットで調べ物をしていて、おもしろそうなブログを見つけちゃった時に、「続きを読む」というボタンを押すことを我慢することなんて出来ませんよね。あの「続きを読むボタン」、ものすごい魔力を秘めていると思うのです。だって、そのボタンをクリックした後にどんな内容が隠れているか気になってしまうからです。

僕はLINEでメッセージが来たときも、どうしてもその続きが気になってしまって「既読」がついてしまう事を覚悟の上で、LINEアプリのアイコンをタッチしてしまうというわけなのです。

一度会話が始まると抜け出せない

で、作業をしている時なんかに、LINEで会話が始まってしまったりすると、そこから抜け出せないというのも悩みの種だったりします。

LINEってメールとかと違って、会話に近いものがあると思うのですよね。シンプルに感情を伝えることができるスタンプだとか、簡単にメッセージを入力できる機能とかが充実しているので、一度会話が始まってしまうと、全然終わらないのです。まったく、優秀なアプリだと思いますよ。

仕事中なんかにLINEが来てしまって、会話が始まってしまった日には、ホントどうしようかと思ってしまいます。途中で強制的に終わらすのも「なんだか悪いなあ・・・」とか思ってしまうのですよね。だから、LINEのメッセージが頻繁に来ちゃうと作業に集中しづらいのですよねぇ。

もちろん、「忙しければ見なければいいじゃん?」という考えもあります。正論です。

けれども、僕はLINEに関しては、どうしても気になってしまうのです。だから、たとえ内容を確認しないでおいて、既読にしなかったとしても、もんもんとしながらお仕事しなくてはなりません。で、結局のところ集中できなくて、作業効率が悪くなってしまうのですよね・・・。

「緊急性のあるメッセージだったらどうしよう?」「デートのお誘いだったらどうしよう?」「・・・嫌われたらどうしよう?」いろんな妄想と想像が入り混じった考えが頭の中を駆け巡り続けてしまうのです。

だから、最後には、アプリを開いてメッセージを確認してしまうのですよね。そうなると当然「既読」がついてしまって、そこから会話が始まってしまうというわけなのです。

既読無理です。

まとめ

LINEというアプリはすごく便利だし、今となっては無くてはならないものにだと思います。

けれども、最近、精神的な負担は増えちゃったなあ〜とも思っています。既読スルーも無理だし、未読スルーも無理だし、一度会話が始まったら手早く終わらせるというのも無理です。

まあ、僕なんて友達少ないので、LINEの使用頻度なんてそんなに高くありませんよ。だから、そんなでもないけれども、たま〜にLINEが来たりするとドキッとしてしまいます。

今時の高校生あたりだと、授業中も、家に帰ってからも、ずーっとLINEしている子も多いと聞きます。今の時代に生まれてしまっていたら高校生時代の僕にはいろいろと無理だったかもしれません。

何が無理かって、当時の自分を思うと、業務連絡以外の、なんでもないような内容のLINEをしてくれる友達がいなかったかもしれないということですね・・・。

なので、LINEは「既読無理」だけど、それはそれで寂しいので僕にLINEをしてください。お願いします。

Copyright© MIKINOTE All Rights Reserved.