読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MIKINOTE

作品制作とその他思った事を書くブログ

【食欲増進】夏野菜たっぷりの肉そぼろ丼を作ってみたら元気が出た

料理

ここ最近、暑かったり涼しかったり、外に出たら出たでクーラーで冷えたりとか、非常に温度の変化を激しく感じる季節ですね。

夏は普通にしていても激しい温度変化のせいで体が疲れてしまって、食欲などもなくなってしまいがちな季節です。なので、普段作る料理も栄養たっぷりでかつ、できるだけ食欲が出るような料理を作るように心がけています。

f:id:takayukimiki:20160815135806j:plain

そんなこんなというわけで、ズッキーニ、ナス、トマト、ピーマンなどの夏野菜をたっぷりと使った肉そぼろ丼を作ってみました。(肉そぼろ丼と言って良いのかわかりませんが・・・)

豚ひき肉の油っこさとトマトのスッキリした酸味がいい感じにマッチしていてなかなかに美味しかったです。

生姜も相当な量入っているので、食べた後は汗だくだくになりました。体が弱っている時に、ガッツリと汗をかくと非常に気持ち良いですね。なんかすっきりするような感じです。

作り方は非常に簡単で、誰でも作ることができる料理だと思います。

豚ひき肉と夏野菜の丼

使用した食材

f:id:takayukimiki:20160815142958j:plain

今回使用した食材は以下の通りです。2〜3人分の量です。

  • 豚ひき肉:250g
  • ピーマン:2個
  • ナス:1個
  • ズッキーニ:1個
  • トマト:1個
  • 生姜:1片(大きめのやつ)
  • 味噌:大さじ2くらい
  • 醤油:小さじ2くらい
  • 料理酒:小さじ2くらい
  • 塩:適量
  • 胡椒:適量
  • サラダ油:適量

実は、冷蔵庫にあった野菜を適当に使ったら夏野菜ばかりな料理になってしまったというだけだったりします。時期的に安い野菜を優先的に買っていくと、そうなってしまうのはよくあることです。

生姜は1片と書いたけど、ちょっと大きめの塊を使いました。生姜、僕は好きなので、大量に入れちゃう派なんですよ。お好みでどうぞ。

調味料や食材も「今回使用した量」ということで、しっかり個数や大さじ小さじで書いてみたけど、目安と考えてください。お好みの量で大丈夫です!

野菜を切る

f:id:takayukimiki:20160815144052j:plain

まずはピーマン、ナス、ズッキーニ、トマトを1cm角くらいの大きさに包丁で切っていきます。

全部みじん切りにしてしまってもっと細かく切っても良いです。だけど、野菜の食感を程よく楽しむことができる方が良いかなと思って、この切り方にしました。

f:id:takayukimiki:20160815144226j:plain

↑トマトを上記のように切るのは、よく切れる包丁じゃないと難しいかもしれません。切れない包丁を使っている場合は研ぎましょう。

f:id:takayukimiki:20160815144319j:plain

↑生姜だけはみじん切りにします。生姜は食感・・・というよりも風味付けと辛味のために使用するので、みじん切りのほうが全体によく味が馴染むかと思います。

f:id:takayukimiki:20160815144426j:plain

カットした野菜は、全部ステンレスボウルに移して置いておきます。

トマトだけは、小さめの別のステンレスボウルに入れて分けておきましょう。

合わせ調味料を作る

f:id:takayukimiki:20160815144541j:plain

味噌、醤油、料理酒を小さめのステンレスボウルなどに入れて、混ぜて合わせておきます。

醤油と料理酒を混ぜて、味噌をペースト状にしましょう。

f:id:takayukimiki:20160815144944j:plain

これで、下準備が全て終わりました。あとは炒めていくだけです。

炒める

f:id:takayukimiki:20160815145210j:plain

フライパンにサラダ油をしいて、ガスコンロに火をつけます。

具材を炒めるので中火〜強火が良いかと思います。

f:id:takayukimiki:20160815145424j:plain

まずは豚ひき肉を入れます。

豚ひき肉が塊にならないように、ヘラやおたま等で、ほぐしながら炒めていきます。

f:id:takayukimiki:20160815145606j:plain

全体的にいい感じに火が通って豚ひき肉の色が変わったら、先ほど混ぜ合わせておいた調味料を投入します。そして、調味料と豚ひき肉をムラなく混ぜながらさらに炒めていきます。

f:id:takayukimiki:20160815145653j:plain

調味料がいい感じに混ざって、豚ひき肉から出てくる油が透明になってきたらOKです。序盤で豚ひき肉と調味料をきっちりと炒めて火を通しておくわけですね。

最初に、こうやって豚ひき肉と調味料にしっかりと火を通しておくと、出来上がりの味がまろやかになる気がします。

お次は、野菜(トマト以外)を入れて炒めていきます。

f:id:takayukimiki:20160815145836j:plain

鍋をあおりながら、炒めていきます。

野菜投入後、ある程度まで炒めてから、少し料理酒などをジョワ〜っと回し入れると、いい感じにナスやズッキーニがしんなりしてきます。なので、タイミングを見計らって料理酒を少量入れて炒めると良いですね。

f:id:takayukimiki:20160815150130j:plain

全体に火が通っていい感じになったら、最後にトマトを入れます。

トマトは、最後にサッと混ぜあわせて炒めたような感じで食べるほうが、酸味が強めに感じられます。したがって、今回の場合はこのタイミングで入れるのが良いかと思いました。

f:id:takayukimiki:20160815150513j:plain

最後に塩と胡椒で味を整えたら火を止めます。

完成

f:id:takayukimiki:20160815150551j:plain

普段ご飯を食べるお茶碗よりも大きめサイズのどんぶりを用意して盛り付けます。

まずは白いご飯をたっぷりと盛って・・・その上に出来上がった肉そぼろをかけて・・・完成です!

f:id:takayukimiki:20160815151032j:plain

こんな感じになりました。

色合い的にもかなり美しい感じにできたのではないかと自画自賛してみたりします。

f:id:takayukimiki:20160815151424j:plain

味的には、味噌を使っているけど、あんまり味噌っぽい印象はないような気がします。最初にしっかり豚ひき肉と一緒に火を通しているので、イメージ的には旨味だけ残っているような感じかな?

そしてトマトの酸味が、豚ひき肉の油っこさをいい感じにすっきりさせている感じです。それに、暑い日はちょっと酸味がある食べ物の方が食べやすかったりするんですよね。

この肉そぼろ丼、みじん切りにした生姜がたっぷり入っています。食べているとかなり汗が出て、食べ終わった後は温度差で弱っている体が発汗によって目覚めそうな感じが非常に心地よかったです。

それと、ズッキーニなどの夏野菜達の食感も感じられるので、(実際たくさん入っているんだけど)たくさん野菜を食べたような気になれるのも良い所なのではないかと。

非常に食欲がそそられる食事で、作って良かったと思います。元気が出ました。

美味しかったです。

ごちそうさまでした!

まとめ

今の時期はやはり夏野菜が美味しいですね。

夏バテで体調を崩しがちで食欲も減退してしまう今の時期でも、こういう料理だったらバクバクと食べることができます。

今年も非常に暑いですが、食欲が出る料理を食べて、この夏をなんとか乗り切りたいですね。

以上、夏野菜たっぷりの肉そぼろ丼を作って食べた話でした。

Copyright© MIKINOTE All Rights Reserved.