読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MIKINOTE

作品制作とその他思った事を書くブログ

ポケモン サンムーンを買ったのでプレイした感想などを書く(追記あり)

ゲーム

f:id:takayukimiki:20161118163255j:plain

予約していた、本日新発売のポケットモンスターサン&ムーン「ポケモン ムーン」が今日の昼前くらいに届きました。

3DSのダウンロード版じゃなくてパッケージ版を買いました。

いやあ〜本当は全然買うつもりなかったのですけど、一ヶ月くらい前にポケモン関連のブログ記事を読んでしまってから急に欲しくなっちゃって、ポチッとしてしまいました。

f:id:takayukimiki:20161118163848j:plain
ゲームと一緒にかわいいシールが同封されてました。ヨドバシカメラのネット通販で買ったから、ヨドバシカメラだけでしか手に入らないという限定のアイテムですね、これ。

パッケージ版だとこういうおまけがついてくるのよね。あとでどっかに貼ろう。

ポケモンはポケットモンスターXYの「Y」以来のプレイです。ちなみに僕はポケモンは一応好きなんだけど完全ににわかなので、バトルで勝てるほどじゃないです。厳選したりとかの作業をしたことないです。

だけど、先日ポケモン サン&ムーンの体験版なんかもプレイしておもしろかったので、すっごく楽しみにしてたんですよ。

そんなわけなので、今日はお昼ちょっと前にポケモンムーンが届いて、時間があったので少しだけプレイしました。

ですので、発売当日にプレイした感想などを書いていこうと思います。

<目次>

ポケットモンスター (サン) ムーンが楽しい

ポケモンは、街とか探索するだけでも、ちょっとイッちゃってる感じのところが見つかることがあるから好き。

ムーンを選んだ理由

f:id:takayukimiki:20161118164808j:plain

僕は今回「ムーン」を購入したのですが、巷ではポケットモンスターの「サン」の方が人気があるそうですね。

僕が「ムーン」を選んだ理由は、マイノリティが好き!というのもあるけど、プレイする時間帯が大抵の場合夜だからです。お昼はゲーム以外ににやらなくちゃならないことが多いですからポケモンはできません。

ポケモン「サン」と「ムーン」の大きな違いの1つは、時間帯のズレなのだそうです。「サン」はそのままだけど「ムーン」のゲーム内だと実際の時間よりも12時間ずれた時間になるのだそうです。

つまり、夜にプレイすると、サンだとそのまま「」に、ムーンだと12時間ずれて「」になるってこと。(だと思う。)

やっぱり、せっかくポケモンをプレイするなら、明るい世界で遊びたいじゃないですか?だから、ポケモン ムーンを選んでみました。まあぶっちゃけどっちでも良かったんだけど。


追記:少しプレイしてみて、やはりムーンで良かった!と思いました。夜にプレイするとゲーム世界も明るいのが良いですね。ただ、土日などにお昼にプレイする時は、画面が暗めで見にくいかもしれません。

それと、ポケモンムーンでしかゲットできないポケモンもいるんだけど、そのポケモンもけっこうかっこいい感じなので、そういう意味でも良かったなあと思っております。

開封

f:id:takayukimiki:20161118165622j:plain
パッケージの裏側にはいろいろと説明が書いてあります。

早く、アローラの異常に長いナッシーに会ってみたいなあ・・・

f:id:takayukimiki:20161118165738j:plain
ゲームソフトのケースをパカっと開けると、やたらと荒ぶるカビゴンのカードが入ってました。ちょっとびっくり!

カビゴンと言えば、2017年1月11日までの限定で、この本気を出せるカビゴンに進化する「ゴンベ」がもらえるそうです。インターネット接続ができれば、タイトルメニューの「ふしぎなおくりものを うけとる」を選択後「インターネットで うけとる」でもらえる・・・と書いてありました。


追記:「カビゴンZ」というアイテムを使用すると、Z技というのが使えるようになる!というシステムのようです。

遊んでみる

早速遊んでみましょう。

カードスロットにポケモンムーンのカードを差し込んでスイッチを入れます。

f:id:takayukimiki:20161118170248j:plain
ロゴのデザインとかを見て、「なんかポケモンムーンって暗い感じ?」とか思っちゃいました。

f:id:takayukimiki:20161118170344j:plain
まずは言語の選択から。さすがはポケモン。ものすごくグローバル!

次に「漢字」や「ひらがな」を選ぶのですが、大人なので!漢字読めるので!「漢字」を選択しました。

その次は、主人公の見た目を選びます。

f:id:takayukimiki:20161122100003j:plain

f:id:takayukimiki:20161122100016j:plain

主人公は今回は性別だけでなく、肌の色と髪の色が違うグラフィックが用意されていて、合計8種類の中から選べます。(肌が一番黒い男の子を選びました。アローラって暑そうだから黒い方がいいかなって思って。)

この後、いろいろと博士に名前を聞かれたり、なんやかんやあって、その後、オープニングのムービーやイベントなどがあります。

ネタバレになるからここでは書かないけど・・・この最初のシーンのワクワク感がたまらんですな!

f:id:takayukimiki:20161122100049j:plain
↑ママがかわいい!

f:id:takayukimiki:20161118171058j:plain
↑ちなみに今回のポケモン博士はこの人(ククイ)らしいです。やたらといい感じに日焼けしたサーファーみたいな細マッチョでちょっとびっくりしました。オーキド博士みたいなのを想像してると面食らっちゃうかも。

f:id:takayukimiki:20161118171219j:plain
あ、そうか、今は現実だとお昼すぎにプレイしてるから、ポケモンムーンのゲーム内だと夜なのね。めっちゃ星が綺麗!

なんか、主人公の旅立ちだって言うのに、真夜中って(笑)不思議な感じ。

最初のポケモン

f:id:takayukimiki:20161118171505j:plain

主人公の最初のパートナーとなるポケモンは過去のポケットモンスターシリーズと同じように3匹の中から選びます。

  • モクロー(くさ、ひこう)
  • ニャビー(ほのお)
  • アシマリ(みず)

どれにするかは少し悩んだけど、くさタイプの「モクロー」にしました。

f:id:takayukimiki:20161118171837j:plain

モクローを選んだのにはあんまり深い理由はありません。

今まで個人的にみずタイプを選ぶことが多かったので、みずタイプ「アシマリ」はやめとこう!となって、ほのおタイプの「ニャビー」は「なんだか普通に強そう!」と思ったのでやめとこう!となったので、消去法で「モクロー」になりました。


追記:「モクロー」→「フクスロー」→「ジュナイパー」と進化して、かなり強くなりました。ジュナイパーは見た目的にもかっこいいので、最初にモクローを選んで良かったと思いました。(くさ・ゴーストの複合タイプというのにはびっくりしたけど)


f:id:takayukimiki:20161122100127j:plain

ちょっといいなと思ったのが、3匹の中から選んだ直後、モクローを優しく抱きかかえるシーンがあるんだけど、今までのポケモンシリーズだと、主人公と最初のポケモンの関係って、あんまり描かれなかったような気がするんですよね。そういう意味で、最初にこういうシーンがあって、ポケモンと心を通わせてる感があって和みました。

f:id:takayukimiki:20161122100135j:plain

ポケリフレ」という、ポケモンをなでたり、汚れを取ってあげたりするシステムもあるんだけど、そういうのも良いですよね。思っていた以上に、ポケモンを大事にしてあげたくなっている自分に気づきました(笑)

ポケモンゲット

ポケモンの楽しみの1つと言えば、モンスターボールを投げてポケモンをゲットする事だと思うんだけど、やっぱり楽しいですね。新しいポケモンに出会ったらとりあえずゲットしたくなっちゃう!

最初辺りの草むらでけっこう粘りました。体当たりで弱らせたポケモンにモンスターボール投げまくってポケモンゲットして遊びました。

f:id:takayukimiki:20161118172621j:plain
そしたらすっごくびっくりしたんだけど、何回かバトルしたら「ピチュー」がでました。これってけっこうレアなんじゃないの?どうなの?

f:id:takayukimiki:20161118173123j:plain
もちろんゲット!

ポケモンGOだとピカチュウをゲットできなかったから嬉しいなあ・・・


追記:少し後の草むらでピチューは普通に出て来るので、全然レアじゃなかったです。ちなみに、ピチューは主人公にある一定以上懐いている状態でレベルアップするとピカチュウに進化することができます。


やっぱりポケモンゲットするのは毎回楽しいよね。

とりあえず、最初のポケモンセンターに着いたところで時間切れになっちゃったので今日のところは終了!本当はもっとストーリー進めたかったけど仕方ないですね。

今夜、寝る前にもうちょっとプレイしたいです。


追記2:今回のポケモンサンムーンは、一定以上ストーリーを進めると野生のポケモンが助けを呼ぶことがあります。

つまり、バトルの途中から1対2になってしまうということです。だから、場合によっては非常に1回のバトルが長引くことがあります。

しかもポケモンを捕まえたい時はポケモンをある程度弱らせないと捕まえにくいのですが、相手側に2体のポケモンがいると、モンスターボールを投げることができません。それが、ちょっとうざい!と思うことがありました。

しぶといポケモンだと、弱らせてモンスターボールを投げようとする度に仲間を呼ぶので、ゲットするのに非常に時間がかかります。(おそらく、野生のポケモンのHPが減ると助けを呼ぶ確率が高まるのだと思います。)

したがって、これは無くても良かったシステムなんじゃないかな?とも最初思ったけど、どうも何回も何回も仲間を呼ばれると後半の方で呼ばれたポケモンの方が個体値が高いらしいです。だから、ちょっとめんどくさいときもあるけど、ポケモンを厳選する人にとっては逆に良いシステムなのかな?とも思いました。

体験版からサトシゲッコウガとアイテムを送る

そうそう!ポケモン サン&ムーンの体験版をプレイした人は、「サトシゲッコウガ」と呼ばれる特別なゲッコウガや、数種類のアイテムを手に入れることができていると思うのだけど、それは製品版に送ることができます。

でも、実際にやってみて、少しその転送方法がわかりにくいと感じたので、最後にそのやり方を紹介しておきます。と言っても、わかっていれば普通にできることなんだけどね。

f:id:takayukimiki:20161118174857j:plain ↑まずは「体験版」の方のポケモンセンターで↑の人物(博士)に話しかけ「せいひんばんに おくる」を選択します。

そしたら、送ることが可能なアイテムやポケモンが表示されるはずなので、それらを一つずつ選択して製品版に転送します。

f:id:takayukimiki:20161118175251j:plain
そしたら今度は「製品版」の方のポケモンセンターで↑の人物(配達員)に話しかけると、体験版から転送したものを受け取ることができます。

ちなみに、肝心の「サトシゲッコウガ」は現時点では非常にレベルが高く強いですが、「だいしれん」なるものを2つクリアするまでは言うことを聞いてくれないそうです。

アイテムは基本的には換金アイテムばかりなので、それらは売ってしまっても大丈夫だと思います。

まとめ

いやあ〜まだ少ししかプレイしてないですが、やっぱりポケモンは楽しいですね。

ポケモンゲットするのも楽しいけど、僕がブランクがあるせいもあるんだけど、今回のポケモンはグラフィックもすごく滑らかで美しいと思います。なんというか、時代が進んだんだなあ〜としみじみと思ってしまいました。

f:id:takayukimiki:20161122100422j:plain

キャラも皆かわいいしね。(ヒロイン?の女の子や主人公のライバル?の男の子も皆かわいいと思ってしまった。)

だから、まだまだ序盤過ぎてよくわかんないけど、ストーリーとかもこれからが非常に楽しみな感じです。ポケモンサンとポケモンムーンでストーリーとかも変わるのかな?どうなのかな?

まだ、ポケモンムーンで良かった!とか、いやいやサンが良かったよ!みたいなことを言える段階じゃないですが、それもこれからプレイしていけば感想が見えてくるかなと思います。

僕は、ポケモンのことは完全には理解しきれてないにわかポケモンファンなんだけど、今回のポケモンでそこまでいけるのかわからないけど、今のところすごく楽しいです。ワクワク感が止まらん感じです。

とりあえずの目標として、ストーリーのクリアを目指して、楽しんでプレイしていこうと思います。

さて、風呂入ったらまたやろっと。


追記:発売から2日間経った現在。かなりの時間プレイしました。正直言ってめっちゃハマっています(笑)

今回のポケモンサンムーンは相当におもしろいですね。なんというか、ゲーム全体のテンポが良いので、ストレスを感じることが少ないです。だから、プレイしていてすごく楽しいです。

また、新ポケモンのデザインも、過去の作品よりもより現代的に進化していると感じました。新しいポケモンゲットしたり、育てるのが楽しみで仕方ない感じです。

(全部プレイしているわけじゃないけど、まだ2日しかやってないけど)歴代のポケモンシリーズの中でも非常に完成度高いと感じました。

Copyright© MIKINOTE All Rights Reserved.