読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MIKINOTE

作品制作とその他思った事を書くブログ

展示に来ていただいてありがとうございます。それと、肺がハートってどういう意味があるのかな?という話

作品制作

www.mikinote.com

www.mikinote.com

現在、「LOVE THE MATERIAL in AOYAMA」という展示に参加しているのですが、まだまだやっております。来週の土曜日までですね。

一昨日は、会場当番だったので展示会場に一日中居ました。あいにくの雨だったのが残念でしたが、そんな中でも来ていただいた方もいまして、感謝感謝ですね。

その中の何人かとは、いろいろとお話をさせてもらったのですが、新しい出会いがあるとすごく楽しいです。展示してよかったなあ、作ってよかったなあと思う瞬間ですね。

展示会場での出来事と、展示を紹介してもらった記事の紹介

作品の影の形がハートだった

f:id:takayukimiki:20160618150347j:plain

一昨日、展示会場で自分の作品を眺めていたら、気づいたことがあります。

肺の作品の影が「ハート」だったということです。

いやね、すごいどうでもいいことではあるんだけどね・・・。すっごく綺麗にハートになっていたもんで、Twitterにも写真を投稿したりしちゃいました。

なんだろうね。なんかこう、「肺」と、「影のハート」っていう組み合わせが、なんとなく意味ありげな感じがしておもしろいなあ〜なんてことを思ったりしました。

黒いハート(影のハート)だから、不穏なイメージもあるかもですね。「肺が汚れると命に関わる」みたいな?

もちろん、意図的にやったものではないので、本当のところは意味なんかありません。作者である僕が言ってるんだから間違いありません。

でも、偶然起こった現象が「意味ありげに感じさせちゃう」ってのが、興味深いです。作品が独り歩きして勝手に違った意味を持っちゃうみたいな・・・そんな感じ。

そう考えると、作品作って発表することって単純にはいかないし、どういう評価を受けるかも予想できません。だけど、それがまたおもしろいところなんだなあと思いました。

展示に来ていただいた方

実は一昨日は、いつも購読している「瞬間風速-筆記帳」というブログを書いている「脳主 (id:brain-owner) 」さんが来てくださいました。

brain-owner.hatenablog.com

↑展示の様子も丁寧な記事にしていただきまして、ありがとうございます。

脳主さんのブログの記事やブコメを読んでいると、サラッと書いているように見えて「深いところまで掘り下げて物事を考える人なんだろうなあ〜」みたいなことをなんとなく思っていたんですよ。そしたら、ホントにその通りな感じの人でおもしろかったです。

ずいぶんと長い時間、会場でお話させてもらったのですが、すごく楽しかったです。作品制作やアート等に関して、かなりマニアックな話をしても全然大丈夫!って感じで安心感がありました。

いろいろと話ができて勉強になりました。ありがとうございました。


それと、残念ながらお会いすることはできませんでしたが、カバワニ (id:hipopocroco)さんにも来ていただけたようです。ありがとうございます。

毎日展示会場に居れるとよいのですけどね・・・なんだか申し訳ないです。

hipopocroco.hatenadiary.com

カバワニさんのブログ「こどものあそび観察日記」は、お子さんの工作や、その制作風景を紹介していたりする記事が多いので、いつも楽しく読ませていただいております。

そして、それがですね、5歳の子どもが作っているとは思えないくらいに、完成度が高いものも多くてですね、びっくりすることもあるんですよ。子どもってホントにすごい!

おそらく、娘さん本人が好きでやっているからこそ、ああいう作品が生まれるんでしょうね。(将来が楽しみ!)

残念ながら、娘さんは体調不良で展示に今回は来ることはできなかったそうですが、また次回、何かの時には是非観に来ていただきたいですね。

まとめ

実際には会ったことない人に作品を観てもらえて、会うこともできちゃう・・・ホントおもしろい時代になったもんです。

それに、脳主さんも言ってたんだけど、実際に観てみるのと、写真で観るのとだとずいぶん作品の印象が違うんですよね。やはり、生で観るほうが断然おすすめです。

一応、頑張って写真を撮って、ブログに載せてるわけなんだけど、そのままの印象を伝えるのは難しいです。というか無理ですね。

住んでいる地域が遠いなどの、なかなか解決しがたい問題もあったりして、皆に来てもらうというのは難しいというのはわかっています。だからこそ、将来は色んな地域で展示ができたらいいな〜とかそういうことも思ったりしました。

ハートの影の件もそうだけど、自分の作品が展示されている展示会場にいると、いろいろと発見があるのが良いですね。

展覧会の会期は来週の土曜日までです。最終日の最後の最後には、僕のアーティストトークイベントなどもあったりしますので、立ち寄っていただけたら嬉しいです。

LOVE THE MATERIAL in AOYAMA
ラブ・ザ・マテリアル・イン・青山

  • 2016.6/6mon~6/25sat
  • 11:00~19:00(last day~16:00)
  • 会期中は無料です。
  • 伊藤忠青山アートスクエア ITOCHU AOYAMA ARTSQUARE

<アーティストトーク>

6/25sat 14:00~
・梶浦聖子「鋳金作品を作ること 」
三木崇行「素材とアートとその意味」

Copyright© MIKINOTE All Rights Reserved.