MIKINOTE

作品制作とその他思った事を書くブログ

【超初心者向け】WiMAX(ワイマックス)とは何か?メリットは?わかりやすく説明する

f:id:takayukimiki:20161212180959j:plain

先日、WiMAX(ワイマックス)についての記事を書いたのですが、よく考えたら「そもそもWiMAXって何?」みたいなことを思う人もいるんじゃないかなと思うんですよ。

僕自身も2年前にWiMAXを使い始める直前は、「電気屋さんの入り口近くでよく見かけるWiMAXってのは、噂ではこれでインターネットができるらしいけど、具体的には何なのか知らないぞ!何なんだこれは!?」という状態でした。

その後いろいろ調べて、結果的に、自宅用のインターネットは固定回線の代わりに2年以上ずっとWiMAXを使い続けているわけですが、特に不自由に感じることもありません。

また旅行に行くときや、ちょっとしたお出かけのときにも、本来のモバイルルーターとして用途でWiMAXを持ち出して使ったりもしています。

非常に便利です。

だけど、この手の話題はパソコンなどに詳しくない人にとっては非常にわかりにくい!僕もあまり詳しいわけじゃないので、「そもそも何なの?」ということを調べても、なかなか理解できなかった記憶があります。

そんなわけなので、どんな超初心者でも、誰でもわかりやすいようにWiMAXとは何か?何が良いのか?ということについて説明していきます。

<目次>

WiMAXとは

まず、根本的な所からWiMAXとはなんぞや?ということについて解説します。パソコンやインターネット関係に疎い人でも分かるようになるべく簡単に説明します。

持ち運べるインターネット

製品ラインアップ | UQ mobile / UQ WiMAX

WiMAX(ワイマックス)とは、UQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルインターネットサービスのことです。

「モバイル」つまりWiMAXを使えば、家の外に出かけているときでも、ノートパソコンやiPadなどのタブレット端末を持ち出してインターネットが楽しめちゃうってことです。(もちろん自宅でも使えます。条件が合えば、固定回線の代わりにも使えますけどね。)

例えば、ちょっとしたお出かけの時にiPadでYoutubeの動画を観たりとか、仕事でノートパソコンから急ぎでメールを送りたいとき等、活用方法はいろいろと考えられますね。

以前、旅行に行ったときに宿泊した旅館にネットに接続できるサービスがありませんでした。その時は、WiMAXのおかげで、持っていったノートパソコンでちょっとした仕事をしたりブログを書いたりとかができましたよ。非常に助かりました。

ルーターとは

WiMAXでインターネットに接続するためには、WiMAXの「ルーター」と呼ばれる小型の機械が必要です。もしも外でWiMAXでネットに接続したいならこのルーターを持ち歩かなくちゃなりません。

f:id:takayukimiki:20161208163610j:plain
ルーターとは↑こういうのです。

機種によるけど、ポケットに入るくらいの大きさの機械です。ルーターの電源を入れたまま持ち運ぶことで、家の外でもインターネットに接続することができてしまうというわけです。また、こういうタイプのルーターのことを、持ち運ぶことが可能なルーターということで「モバイルルーター」という呼び方をすることもあります。

バッテリーが内蔵されているので、ルーターの種類によりますが、一度充電すれば最大で12時間くらい電池が持ちます。

ルーターの種類

WiMAXルーターにもいろいろな種類があります。

最近も新しいWiMAXルーターが新発売になったばかりです。

参考:UQ、下り最大440MbpsのWiMAX 2+ルーター「WX03」を12月2日に発売 - ITmedia Mobile

しかし、よっぽどのこだわりがない限りは、あまり種類に関しては気にしないでいいかなっていうのが正直な所です。今現在普通に販売されている機種という意味では、あまり種類も多くありませんしね。

最新機種だと、最大通信速度が440Mbps!とかめちゃくちゃ高速な通信が売りだったりするみたいだけど、実際に使用する場合はそんなに高速である必要はありません。

機種を選ぶよりも、機種が指定されているけど金額的にお得なキャンペーンなどを利用する方がお得で安いです。

ただ、同じ種類でも色は複数種類ある場合もあるので、好みの色のルーターを選びましょう。

SIMカードとは

f:id:takayukimiki:20161212180817j:plain

WiMAXを使い始める際には、ルーターと一緒に送られてくる「SIMカード」と呼ばれるチップのようなものを挿入して使います。

SIMカード自体にもいろんな種類があるのだけど、WiMAXのルーターはWiMAXの専用のSIMカードじゃないと通常は使うことができません。だから、逆に言うと送られてきたものをそのまま使えば良いので、シンプルで良いですね。

f:id:takayukimiki:20161212180824j:plain

これだけで、基本的な使用する準備は整います。後は、ノートパソコンやタブレット端末と接続するだけです。

無線接続とは

WiMAXルーターを使用して、ノートパソコン等の端末をインターネットに接続するには、ケーブルなどで物理的に接続する必要はありません。全てワイヤレスで行います。

f:id:takayukimiki:20161212182417j:plain

インターネットはLANケーブルでの「有線接続」と、ケーブルが必要のない「無線接続」があります。

インターネットに無線接続することをよく「Wi-Fi(ワイファイ)」とか「無線LAN」とか、すご〜くややこしい名前で呼んだりしますよね。

一応、有線接続の方が安定感があるとされてはいますが、最近はWi-Fi接続でも相当の安定してるので、家庭でパソコンやその他の情報端末をインターネット接続する場合は、Wi-Fiで接続する場合が多いでしょう。

また、持ち運ぶことが前提の、スマートフォンやタブレット端末は、そもそもワイヤレスでしかインターネットに接続できないようになっていたりします。

Wi-Fiならばケーブルが必要ないので、わざわざ長いケーブルを繋いだりする煩わしさがないのが最大のメリットですね。

WiMAXの場合は、基本はこのWi-Fiを利用した接続で、様々な機器をインターネットに繋げることができるってわけです。

固定回線とWiMAXの違い

自宅のインターネットの固定回線と、モバイルインターネットのWiMAXは、月額を支払ってインターネットが使用できるという点は同じです。

しかし、用途や性質的には違いがあります。

家でパソコンを使ってインターネットに接続するには、「光回線」等の固定回線を自宅で使っている場合が多いかと思います。

f:id:takayukimiki:20161212184010j:plain

光回線の場合、大本をたどれば光ファイバーを使ってインターネットとの接続をしています。その為に、工事をして設置したその場所以外では使うことができません。つまり自宅に光回線を引いたら、自宅でしかその光回線を使うことはできません。

まあ「固定回線」というくらいだから当たり前の話ですけどね。

しかし、WiMAX等のモバイルルーターの場合は、基地局からの電波を受信&送信してインターネットに接続することになります。

f:id:takayukimiki:20161212183959j:plain 図にすると↑のような感じです。

たとえ自宅から離れても、WiMAXルーターを持ち運ぶことでパソコンをインターネット接続することができます。

外でもインターネットに接続できる機械、と言うと「スマートフォン」と似たようなかんじですね。スマートフォンもSIMカードを挿入して基地局と通信してインターネットに接続する機械なので、言ってしまえば近い存在です。

スマートフォンと違うのは、WiMAXルーターだけではウェブサイトを見たりメールを送ったりはできないことです。

その代わり、他のノートパソコンやタブレット、場合によってはゲーム機なども、Wi-Fiを使ってインターネット接続させることができるところです。逆に言うと、WiMAXルーターには、ネットに他の端末をつなげるというたった一つだけの機能だけしかないので、シンプルでわかりやすいかもですね。

WiMAXとは?簡単にまとめると…

WiMAXとは、WiMAXのモバイルルーターを持ち歩けば、いつでもどこでもインターネットができちゃうっていうサービスのことです。

ネット接続に必要なルーターは、基本的にワイヤレスでバッテリー式なので、ケーブルがごちゃっとすることなく使用することができます。

今の時代は、インターネット接続ができないと、仕事も遊びもなんにもできないですから、人によっては相当に便利なアイテムなのですよ。

屋外でも、普通にネットができちゃうってのが、使い始めた始めのころはちょっとした感動でしたね。自宅に固定回線引いて、ごっついモデムからパソコンに有線接続でインターネットしていた時代を思い出すと、時代は進んでるんだなあと思わざるをえないアイテムですよね。WiMAX。

WiMAXのメリットについて

WiMAXは非常に便利です。

一応、他にもモバイルでインターネットに接続できるサービスはあります。しかし、WiMAXはその中でも最強と言ってしまっても良いでしょう。

非常に優秀なので、自宅で固定回線の代わりとしても使えるくらいです。

無制限で使えるモバイルルーター

WiMAXはデータ量無制限で使用できます。いくらネット接続しても、基本的に月額として支払う料金は代わりません。

そのために、屋外でガッツリと動画を閲覧したりとかも自由にできます。条件が整えば、光回線に匹敵する通信速度も出せるので、ネット動画閲覧時もストレスを感じることがないでしょう。

また、WiMAXルーターとスマホをWi-Fi接続で使って、スマホのデータ通信量を節約するなんて使い方もできます。

速度制限されても普通に使える速度

普段、WiMAXならば光回線に匹敵する程の、通信速度を出すことが可能です。

しかし、WiMAXも使いすぎると「通信速度制限」がかかってしまいます。スマートフォンなんかも、一定期間中に使いすぎるとネット接続の速度が制限されてしまうことがあるんですけど、それと同じようなものですね。

これは、今現在の技術では仕方のないところではあります。

多くのお客様に快適にWiMAX 2+をご利用いただくために、前日までの3日間のデータ通信量が3GB以上となった場合、通信速度に制限がかかります。

「UQ Flatツープラス ギガ放題」の速度制限について|UQWiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+より引用)

通信速度の制限に関してはちょいとばかり複雑で、説明がややこしくなってしまうので詳しく知りたい人は公式のページを見てください。

参考:「UQ Flatツープラス ギガ放題」の速度制限について|UQWiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

通信速度制限がかかる目安としてはメールをしたりウェブページを閲覧したりするだけ、という用途だったら全然大丈夫だけど、Youtube等のネット動画を毎日観たら簡単に引っかかる!と思ってくれて良いです。


<追記>

2017年の2月2日より、通信速度制限までのリミットが、今まで3日間3GBだったものが10GBに規制緩和されるそうです。

かなり通信速度制限までのデータ量が増えることになります。WiMAXの使用頻度がそこそこの人の場合は速度制限に引っかからずにインターネットを使用できるようになるのではないでしょうか。

しかし、通信速度に関しては改悪になっている部分もあるので、詳しくは以下の記事をよく読んでください。

WiMAX 2+サービスにおける速度制限の今後の対応について | UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+


しかし、WiMAXの良いところは通信速度制限がかかってしまっても、普通に使えるくらいの速度があるというところです。

f:id:takayukimiki:20161208162623j:plain

我が家のWiMAXの通信制限されている状態の通信速度は「4Mbps」程度です。これ、通信速度制限かかっているときの7分の1とか10分の1とかくらいの速度です。

数字だけ見ると「しょぼい!」となってしまうかもしれませんが・・・いやいや、ちょっと待ってください。

これでも、一応YoutubeのHD画質の動画くらいだったら、普通に見れるくらいの速度なんですよ。つまり、制限されていても、普通にインターネットを使用するくらいだったら全く問題ないくらいの速度なんです。

また、他社のモバイルルーターの速度制限はもっとえげつないです。最大で「128Kbps」とかだったりします。つまり、通信速度制限されてる状態同士で比べると、WiMAXは他社のルーターよりも30倍くらい高速であるということです。

正直な所、128Kbpsくらいまで低速だと全く使い物になりません。その点、いかにWiMAXが優秀であるかということが分かるかと思います。

速度制限されていても普通に使える!そして、速度は制限されていてもデータ量的には無制限!というのがWiMAXの最大のメリットなのです。

固定回線の代わりとしても使える

WiMAXはデータ量無制限で、通信速度制限されていても問題なくインターネットが使用できる速度が出ます。

そのために、固定回線の代わりで使うこともできます。

かくいう僕もその一人でして、もう2年ほどWiMAXだけで頑張っています。

ただし、流石に光回線よりは遅いし、一軒家などの広い家で使用するには、多少の工夫も必要になっていきます。

www.mikinote.com

詳しくは上記の記事に書いたので、興味のある方は参考にしてください。

引っ越しも問題なし

また、固定回線と違って、引っ越ししてもそのまま使用を継続できるのも大きなメリットの1つです。

僕もそうだったのだけど、特に、引っ越しを繰り返すような職業や境遇にいる人は、自宅のネット回線はWiMAXがおすすめです。

安い

我が家では、固定回線の代わりにWiMAXを使っているのですが、その理由の1つは料金が安いからです。

今住んでる家は一軒家なので、光回線だとマンションプランのような割引が使えません。なので、光回線だと月額6000円〜7000円くらいしちゃうんですよ。

その点、WiMAXならば、今現在僕は契約しているプランだと約4000円で済んでいます。ものすごい節約になっています。

また、WiMAXは他のモバイルインターネットサービスと同じか、むしろ安いくらいです。ぶっちゃけ、通信速度制限の件もあるし、WiMAX以外のサービスの存在意義がよくわからないくらいです。

キャンペーンなどを併用すると、やり方によっては月々3000円以下とか、非常に安く済ますこともできるので、通信費の節約になるのです。


wimaxプロモーション
↑探すとこういうのもあります。WiMAXルーターの機種は指定されていたりする場合もあるけど、キャンペーンを上手いこと利用すると非常に安いです。(保証関係のオプションをどうするかによっても月額が変わるので、工夫すると節約できて良いと思います。)

使用できる地域が広い

WiMAXの唯一の弱点は、電波が届かない地域では全く使用できないということです。スマートフォン(携帯電話)が通信圏外では全く使用できないというのと、全く同じですね。

しかし、UQコミュニケーションズはKDDI系の会社です。なので、WiMAXの基地局も非常に多いし拡大中です。

ある程度の都会ならば、大体カバーされているので問題ないはずです。しかし、田舎はまだまだ対応していない地域も多いです。(山梨の僕の実家周辺は問題なかったけどね。)

参考:サービスエリア | UQ mobile / UQ WiMAX

ちなみに、通信可能なエリアは上記のページで確認することが可能です。

また、使用する地域でWiMAXが使用可能か実際に自分で確認できないと不安で仕方のない人は、無料で15日間WiMAXルーターをレンタルしてくれるサービスもあります。

参考:Try WiMAXレンタル|UQ WiMAX|超高速モバイルインターネットWiMAX2+

非常に良心的なサービスだし、ただなので、WiMAXに興味があるなら利用しない手はないでしょう。(僕はTry WiMAXで実際に使えるということが確認してから、WiMAXを使うことに最終決定しました。)

まとめ

最近は、いろいろな通信関連のサービスがありますよね。その中には、うまくすれば、すごく便利だったり通信費を抑えることができたりするものもあります。

しかし、そういう便利なサービスは、パソコンやインターネット関連の事に詳しくない人にとっては理解しがたいものだったりします。

WiMAXとかWi-Fiとかルーターとか難しい言葉でいろいろと書かれていたら、わけがわからないですよね。

しかし、今やインターネットはインフラの1つです。これがないと、生活も仕事も遊びもままならないような時代になりました。なので、詳しくない人にこそ、WiMAX等の通信サービスを上手く使っていけるようになると良いと思うんですよ。

実際の所、毎日膨大な量のデータ通信や高速通信が必要な人よりも、ある意味では、インターネットの使用頻度が少ない人にこそおすすめしたいサービスだったりもします。

そんなわけで、誰にでも分かるように基本的なところから、そして難しいところは全部省いて、WiMAXについて簡単に書いてみました。


wimaxプロモーション

Copyright© MIKINOTE All Rights Reserved.