読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MIKINOTE

作品制作とその他思った事を書くブログ

三田製麺所のスープってなんであんなにドロッとしてるの?麺にいい感じに絡んでくるからすごく美味いんだけど?

グルメ

f:id:takayukimiki:20160511083918j:plain

先日、新宿西口のつけ麺のお店「三田製麺所」に行ってきました。

たまたま近くまで来る用事があったんだけど、通りかかったらなんか食べたくなっちゃったんですよねぇ。

三田製麺所というと、今やいろんなところにお店があるので、食べたことがある人も多いかと思います。実は、僕も以前、三田製麺所の中野店には一度だけ行ったことがあります。けっこう美味しいよね。

わりと、独特な雰囲気のつけ麺ではあるので、好みは分かれるのかな?という感じではありますね。個人的には好きな味のつけ麺でした。

新宿西口の三田製麺所に行ってきました

f:id:takayukimiki:20160511095541j:plain

新宿西口の三田製麺所に到着したのは午後二時半くらいでした。ちょいと遅い時間の昼食だったんですよね。

f:id:takayukimiki:20160511095848j:plain

入り口の横にメニューが置いてあります。基本的につけ麺がメインのお店ですね。つけ麺を注文して、トッピングとかする感じです。(頼まなかったけど、山椒つけ麺が気になる・・・)

他にもアルコールやおつまみメニューなんかも多少はあるので、ちょい飲みも楽しめるお店です。

この日は日曜日だったのですが、ピークの時間ではないためか並び客は無し。席は殆ど埋まっていたけど、店に入ると、すぐに席に案内されました。

つけ麺来た!

席に座って、テーブルに置いてあるメニューを見ながら、早速注文をしました。

今回注文したのは「辛つけ麺」の中盛です。

f:id:takayukimiki:20160511100121j:plain

で、待っていると、数分くらいかな?すぐに持ってきてくれました。これが、三田製麺所の辛つけ麺です。

うどんのような見た目の麺

f:id:takayukimiki:20160511100724j:plain

やっぱりね、三田製麺所は麺が特徴的ですよね。見た目の感じはうどんっぽい感じにも見えてきます。

でも、食べてみると、味はそこまでうどんっぽいわけではありません。

つるつるもちもちした舌触りと、しっかりとした歯ごたえを感じられる食感の麺です。コシがあって良いですね。

あつもりもできるそうですが、暑かったので、今回は冷もりにしときました。だからかもしれないけど、僕の大好きな「ワシワシモチモチした食感の麺」を堪能することが出来ました。

しっかりとした美味しい麺なので、食べた後も満足感があるよね。

ドロドロスープ

f:id:takayukimiki:20160511100900j:plain

スープもちょいと独特なんですよね。三田製麺所。

今回は辛つけ麺を注文したので、ラー油?みたいな辛味油が浮いていて、いい感じに食欲を刺激しますね。

f:id:takayukimiki:20160511101029j:plain

で、何が独特か?っていうと、なんかすっごくどろどろしてるんですよ。このスープ。

味的には、いわゆる魚介豚骨系のつけ麺の味です。程よい酸味とカツオ系の出汁の味が香る濃厚スープです。甘味は少なめ。

辛つけ麺のスープなので、辛味はあるんけど、大したことない辛さだったかな。辛いのが得意な人にとっては物足りないくらいかもしれません。

こんな感じの濃厚魚介豚骨スープが、「片栗粉でも入れたんじゃないか?」という感じのドロドロ。そこに麺を投入して、たっぷりとスープをつけていただくというわけです。

何を使っていて、このようなドロドロのスープに仕上げているのかはわかりませんが、このスープと、ここの麺が非常に合うんですよね。

(ドロドロスープといえば天下一品などが有名ですが、三田製麺所はさすがにそこまでのドロドロではないです。一応。)

f:id:takayukimiki:20160511101201j:plain

こうやって、麺をたっぷりとスープにつけて食べると、めっちゃ絡んでくるんですよ。今回は中盛を注文したけれども、もしも大盛りとか頼んだら、途中でスープがなくなっちゃうんじゃないかな?って言うくらいです。

麺はなかなかの太麺なんだけど、たっぷりと濃厚スープの味も同時に味わうことができるってわけです。

だけど、スープがしょっぱすぎるということはありません。程よい塩分という印象です。おそらく、麺に大量に絡むであろうスープを計算して、しょっぱすぎないように調味料を配合しているんでしょうね。

食べていて、非常にいい感じのバランスに仕上げられているスープなんだな、ということを感じました。

辛つけ麺のピリ辛スープはけっこう好きですね。辛さそのものは物足りないくらいだけど、食欲を刺激する程よい辛味です。ノーマルのつけ麺と味の印象があまり変わらないところも良いと思います。

麺もスープもちょっと変わっているんだけど、両方共いい感じに相性とバランスが良いのは、すごいことなのではないかと。

その他トッピング

f:id:takayukimiki:20160511102029j:plain

メンマ。写真はピンぼけしちゃったけど、太めでコリコリしてておいしかったです。食べごたえありました。

ほかには、サイコロ状のチャーシューとかも入っていたんだけど、あんまり印象に残ってないかな。

麺以外にもいろいろ食べたい人は、「三田盛り(チャーシュー、半熟玉子、メンマ、海苔)」という、別皿トッピングを注文するのが良いかもしれません。

スープ割り

f:id:takayukimiki:20160511103307j:plain

麺を食べ終わる頃には、麺に絡め取られて持って行かれて、スープがすっかり減ってしまっています。

ということで、シメにスープ割りをいただきましょう。

f:id:takayukimiki:20160511103250j:plain

だし汁(割りスープ)は、各席の目の前のポットに常備されています。つけ麺がメインの店にはよくある形式ですね。スープ割りのために店員さんを呼ばなくても良いから、気軽にスープ割りを楽しむことが出来ます。

味が濃すぎた時なんかも、調整することも出来ますしね。

f:id:takayukimiki:20160511103512j:plain

ポットの中のだし汁を、残り少ないスープの器に投入します。ドロドロだから、ちゃんと混ぜないと分離してしまいます。これには、ちょっとびっくりしましたね。

個人的な好みですが、スープ割りした時は、黒胡椒を入れると美味しいです。カツオ系の出汁の良い香りと、黒胡椒のスパイシーな風味が非常に良く合うんですよね。

つけ麺のお店では大抵の場合、テーブルに黒胡椒が置いてあるので、皆考えることが同じってことなのかもですね。

だし汁と混ぜあわせると、さっぱりと暖かいスープに大変身です。やっぱりね、濃い味のつけ麺を食べてビリビリしている舌には、最後のスープ割りは癒やしですね。

美味しかったです。

ごちそうさまでした。

まとめ

なんか、この2日間は連続してつけ麺の話をこのブログに書いてしまいました。今年のGWはつけ麺とかラーメンを食べる機会がけっこう多かったんですよね。だから、仕方ないよね。

ところで、三田製麺所のつけ麺の口コミとかを見ていると、苦手な人もけっこういるっぽいですね。好きな人は好きみたいだけどね。

でも、それはなんとなくわかる気がします。

麺もスープも普通のものとは、一味違うかんじですからね。

でも、ハマる人はハマる味のつけ麺なんじゃないかな?ということも感じました。僕はかなり好きな味でしたけど。

三田製麺所のつけ麺は、麺もスープもちょいと独特ではあるけれども、いい感じにバランスがとれている感じが好印象なつけ麺です。

以上が、先日、新宿西口の三田製麺所に行った時の話でした。

Copyright© MIKINOTE All Rights Reserved.