読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MIKINOTE

作品制作とその他思った事を書くブログ

自分で打って作るうどんはめちゃくちゃ美味しい

実はですね、先週、初めて手打ちうどんを作ったんですよ。そしたら、初の手打ちうどんなのに非常に美味しくできてしまったんです。(写真は撮り忘れた!)

それが非常に感動的だったので、本日はまたもやうどんを打ってみました。自分で打って作るうどんはめちゃくちゃ美味しいのね。

しかしそもそも、どうしてわざわざ小麦粉からうどんを作ろうと思ったのかと言うと・・・

f:id:takayukimiki:20161211200720j:plain

うちの奥さんが小麦粉(強力粉)を25kgも買ってしまったからです。なんでも、パンなどを焼くために買った小麦粉なんだそうです。うちの奥さんパン作るのすっごく上手で、休日は手作りのパンを作ってくれるんですよ。

しかし、この小麦粉を使い切るまでの時間を計算すると、半年以上時間がかかるということがわかりました。なんか、大きな袋を買うと安いからって、勢いで買っちゃったんだってさ。(良くわかんないけど、北海道産の美味しい小麦粉だそうです。)

いや、それは良いことなんだけど、いくら寒い時期だからって、あんまり長期間小麦粉を保存しておくのは良くないじゃない?

そこで、僕も小麦粉を消費するお手伝いをするということで、うどんを作ってみようと思ったというわけです。

小麦粉から自分で作るうどんが美味しい

f:id:takayukimiki:20161211201309j:plain

前回は、パン生地を伸ばすときに使う棒を使ったのですが、今回はハンズでもうちょっと、うどんを伸ばす用っぽい棒を買ってきました。

うん、やっぱり形から入らないとね。

うどん生地を作る

f:id:takayukimiki:20161211201503j:plain

今回使用した小麦粉の量は600グラム。2人分×2回分くらいの計算でうどんを作ります。この分量だと相当に腹一杯になりますけどね。

ちなみに、今回使用するのは強力粉です。

普通だと、うどんを強力粉だけで作ることはあまりないと思います。前回も、冷蔵庫に入っていた薄力粉を使ってうどんを作りました。また、ネットで手打ちうどんのレシピを見てみても、中力粉を使ったり、強力粉と薄力粉のブレンドだったりする場合が多いです。

強力粉だけでうどんできるの?って感じだけど、作り方を調べててどこかで読んだのだけど、強力粉だけでうどんを作ると、コシがあって、ものすごく歯ごたえのあるうどんになるらしいんですよ。

本当だったら薄力粉を混ぜ込むべきなんだろうけど、我が家にはでっかい強力粉の袋があるので、まあものは試しで強力粉だけで作ってみることにします。

さて、うどんを作っていく詳しい工程に関してですが・・・まだ自分でも手打ちうどんの作り方のコツだとか全くわかっておりませんので、作り方の具体的な紹介は省略!

塩水を混ぜてコネコネして、寝かして、またコネて・・・という作業を・・・

f:id:takayukimiki:20161211202217j:plain
・・・しました!

このあとの作業が、スペースが狭くてやりにくくなるので、今回は600グラムを2つに分けて、2つの団子にしました。

こんな感じに、団子状になっている生地を伸ばしていくわけです。

うどんにする

f:id:takayukimiki:20161211202729j:plain
くっつかないように片栗粉を使います。ちなみに、土台の木の板は、うちの奥さんがパン生地を作るのに使っているものだったりします。関係ないけど。

f:id:takayukimiki:20161211202845j:plain
うどんの生地を四角く伸ばすやり方はまだよくわからないですね。のし棒を使って生地を伸ばすのは要練習かなと思います。

f:id:takayukimiki:20161211203026j:plain
包丁を使って、うどんを切ります。

うどんとか蕎麦を切る専用の包丁が欲しいなあ。というか、いろいろと道具が欲しいなあ・・・

f:id:takayukimiki:20161211203123j:plain
うどんっぽくはなりました。

ちょっと太めだけどね。まだ、初心者だから仕方ないけど、もうちょっとうまく打てるようになりたいなあ。

茹でたり、汁を作ったり

f:id:takayukimiki:20161211203357j:plain
うどんに使う汁は、前日に作った野菜スープを流用して作りました。

豚肉入れて、出汁汁入れて、醤油を足しただけですけどね。すっごく適当です。

f:id:takayukimiki:20161211203525j:plain
うどんを茹でます。

かなり太めのうどんになってしまったので、15分以上茹でました。適当に味見しながら茹で加減が良さそうなところで、麺をザルにあけます。

f:id:takayukimiki:20161211203639j:plain
湯気で曇ってしまったけど、すごくうどんっぽいんじゃない?

完成

f:id:takayukimiki:20161211203724j:plain

完成しました。今日の夕飯です。

素朴な家庭料理な感じのうどんです。(もう遅いけど、せっかくブログに写真載せるなら、もうちょっと綺麗に盛り付ければよかったかも。)

f:id:takayukimiki:20161211203932j:plain
一応、ちゃんとうどんになっています・・・よね?

f:id:takayukimiki:20161211204043j:plain
見た目はちょっと雑だけど、自分で作っておいてなんだけど、味はすごく美味しいですよ。

自分で作ったからそう思うだけかもしれないけど、麺も汁も非常に良い感じです。ちゃんとうどんになっていて感動しちゃうなあ・・・なんてね!

強力粉だけで作った麺もワシワシとした硬めの食感で、個人的には好みです。

www.mikinote.com

僕の地元の山梨の郷土料理「吉田のうどん」に似ている麺の食感かもしれません。でも、ツルツルっとしたうどんが好きな人は苦手かもね。このあたりは完全に好みでしょう。

自宅でこういうのが食べられるのならば、苦労してでもまたうどん打ちたいなあ、なんてことを思っちゃいます。

また作ろう。

まとめ

今回、2回の食事分のうどんを作ったので、今もまだ、もう1回分の生のうどんが冷蔵庫に入っている状態です。

明日も、夕飯はうどんかな?ちょっと趣向を変えて、釜玉うどんとかにしようかしら?楽しみだなあ・・・

まだ、全然初心者過ぎてわからない事だらけだけど、頑張って作って出来上がったうどんは、すごく美味しいです。まだ、麺を作る手順などは、練習が必要かなと。まあ、そんなに簡単にできたら苦労しないよね。

今回は試しに強力粉だけで作ってみたけど、次はレシピや作り方を変えて作ってみようと思っています。

休日とか、時間のある時にはうどん作りを研究して、もっと上手に作れるようになりたいです。

Copyright© MIKINOTE All Rights Reserved.