読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MIKINOTE

作品制作とその他思った事を書くブログ

人の舌打ちを目撃するととてつもない恐怖を感じるよね

迷惑な人

f:id:takayukimiki:20160324212639j:plain

先日、夕飯が終わった直後、うちの奥さんがスマホをいじっていた時のことです。

小さく「ちっ」と言ったのです。ビクッっとしました。これは・・・舌打ちですね。

なんかよくわからんけど、スマホの操作が上手いこと出来なくて、それに対してイライラしてしまったようです。

リアルに、人が舌打ちしている姿を間近で見てしまうと、めっちゃ怖いぞ!

舌打ちする癖は直した方がいいよ

彼女の名誉のために言っておくけど、うちの奥さん、普段は舌打ちなんてする人ではありません。

うちの奥さん曰く「ぼーっとしてて、つい出ちゃった・・・」とのことです。

まあ、疲れている時に、ついついやってしまった・・・というのであればまあ仕方ないことなのかもしれません。怖いけど。

舌打ちが癖になってしまっている人にも、たまにだけど遭遇することがあります。何か、ちょっとした失敗や不快感を感じただけでも「ちっ」「ちっ」と声が出ちゃう人です。会話する度に、ビクビクしちゃうので、ちょっと勘弁願いたいです。

舌打ちって、本人はなんとなくやっちゃうものかもしれないけど。やられた人は相当に怖いのですよ。

「やべえ・・・この人、めちゃくちゃ怒ってるよぉ〜。」と、怒りが直接伝わってくるからです。特に、自分よりも目上の方の舌打ちは、ものすご〜く怖いです。

まあ、少なくとも、舌打ちは他人に良い印象を与えるということはないでしょうねぇ。

大学時代のとある講義での話

仏の松とY君

僕が大学生だった頃、とある講義を受講していた時の話です。(詳細がバレるとまずいので、フェイク入れてます。)

その講義の先生が、けっこうな年配のおじいちゃん先生でして、性格は温厚そのもの、普段からニコニコしている姿しか見たことないような先生だったんですよ。僕は、その講義でしか関わりのなかった先生だったのだけど、学生からも慕われている様子でした。

その先生のことを、仮にここでは「仏の松」という名前で呼ぶことにしましょう。

仏の松の講義はですね、その分野について深いところまで掘り下げて教えてくれるような授業で、内容的にはおもしろかったです。

でも、この講義には一つだけ問題があって、すっごく眠くなるんですよ・・・。

なんというか、聞いてるだけで眠くなっちゃう癒やしボイスなのです。そういう抑揚のない声で一時間以上の授業を受けることになっちゃうのだから、仕方ないですよねぇ。

それに、授業中に周囲を見ると、けっこうな割合でうつらうつらしている学生が多かったです。

特に、僕の同級生の「Y君」なんかは、仏の松の授業中はいつも寝ていました。

仏が明王になった瞬間

ある日の講義の時のことです。

仏の松が講義中に、「〜とはどういった理由だと思うかね?」と、よりによって、白目むいて揺れてる状態のY君に質問してしまったのです。

普通だと、講義中に先生が質問するとしたら、真面目に起きて授業を受けてる学生に当てるじゃないですか。でも、その時はなぜか、寝てたY君を当てちゃったんですよ。

ひょっとしたら老眼でよくわからなかったのかもしれませんが、当然授業を聞いてないY君が質問に答えられるはずもありません。

Y君はバツの悪そうに立ち上がり「すいません、聞いてませんでした。」と答えました。

その時、僕はたまたま最前列の真ん中に座ってたんですけどね、聞いちゃったんですよ。仏の松がものすご〜く小さく「ちっ」って言うのを。

その瞬間、僕は身の毛がよだちましたね。とてつもない恐怖を感じましたよ。

なんせ、普段は優しそうなおじいちゃんにしか見えない仏の松が舌打ちしたのを目撃してしまったわけですから、すごくびっくりしました。普段だったら、それくらいでは怒りそうもない先生だと思っていたのに・・・虫の居所が悪かったのかも・・・

そして、もっと怖かったのが、その後も普通に授業が続いたことです。いや、まあ、講義が中断したら大問題なので、そのくらいに中断するのはありえないことなのですけどね。

でも、あの舌打ちが幻だったのではないかと疑うくらいに、またたく間に、いつもどおりの仏の松に戻ってたんですよ。それが逆に恐ろしかったのです。

一瞬だけ、仏の中に眠っていた明王を垣間見たような気がしました。

まとめ

Y君は、遠くの席だったから仏の松の舌打ちには気づかなかったかも知れません。けれども、当事者ではなかったとしても、舌打ちしている人を目撃してしまうと本当にビクってなります。

今になって思えば、中学生時代にお世話になった先生とか、バイトしてた頃の先輩とか、舌打ちが頻繁に出る人がたまにいました。まあ、癖になっていたんでしょうね。

他人の舌打ちはものすごく怖いけど、特に目上の人の怒りと言うのには、どうやって対処したら良いかわかりません。だから、ものすごく大きな恐怖を感じるのだと思います。

というか、「そんなに舌打ちしてて大丈夫ですか?」と心配な気持ちにもなってしまいます。ストレスで病気になるんじゃない?

イライラしてしまうことがあるのは、人間だから仕方ないことだとは思います。

でも、何か嫌なことがあったからと言って、舌打ちしても、状況が改善するわけじゃないです。ついついやってしまう気持ちはわかるけどね。舌打ちをすることで、一瞬にして周囲からの評価を下げてしまうことにもなりかねません。

普段は温厚という言葉が服を着て歩いているような存在だった仏の松のイメージが、たった一度の舌打ちで「不動明王」に変わってしまったわけですから、そういう意味でも恐ろしいです。

舌打ちなんて、やらないほうが良いですよ。なんにも良いことなんてないですからね。

リボルテックタケヤ014 不動明王 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み アクションフィギュア

リボルテックタケヤ014 不動明王 ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み アクションフィギュア

Copyright© MIKINOTE All Rights Reserved.